トップ >任意売却についてのコラム >任意売却と譲渡所得税
任意売却と譲渡所得税

任意売却時の媒介契約

任意売却は、任意売却専門としている業者や任意売却が得意な不動産会社と専属の媒介契約を結び、その業者が仲介することで手続きが進められます。
不動産売却という言葉はよく聞きますが、媒介契約による違いについては、よくわからない人も多いのではないでしょうか。
土地や家などの不動産を売却する際は、不動産仲介業者に依頼し、その不動産を買ってくれる人を探します。
不動産を買ってくれる人が見つかると売買契約を結び、引き渡しますが、不動産仲介業者は、売却する側と不動産会社で媒介契約を結ばなければなりません。
媒介契約には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3つがあります。
3つそれぞれの契約では、不動産仲介業者が行う内容などが宅地建物取引行法にとって定められているため、任意売却を検討している人は知っておくと良いでしょう。
任意売却後の残債はどうなる?

媒介契約の3つの種類について

1つ目の専属専任媒介契約は、複数の業者と契約し、自分で不動産を買ってくれる人を探して実際に取引することはできません。
不動産を売却するまでの流れは、契約した1つの業者がすべて行います。
契約期間は、3ヶ月が最大ですが、契約の更新が可能です。
契約した不動産会社は、活動報告を売却者に1週間に1度必ず不動産売却の活動報告を行い、契約した日から5日以内にレインズという不動産流通標準情報システムに登録しなければならない、自社だけで情報を保持することができないなどの決まり事があります。
2つ目の専任媒介契約も専属専任媒介契約と同様に、複数の業者と契約することができません。
しかし、自分で不動産を買ってくれる人を探したり、見つかったりした場合は、不動産会社を通さなくても取引ができます。
不動産売却に関する活動報告は、2週間に1度以上、そしてレインズの登録は1週間以内と決まっていることが専属専任媒介契約との主に違う点です。
3つ目の一般媒介は、複数の業者と契約を結ぶことができるため、自分にとって良い条件を選ぶことができ、自分の希望に近い不動産売却ができる可能性が高いでしょう。
契約期間は特にルールはありませんが、一般的には3ヶ月が多いです。
このように、媒介契約にはそれぞれ特徴があるため、メリット、デメリットの両方を考慮して決めましょう。
適切な媒介を選択すると、任意売却が良い条件で行うことができます。

専門家に相談しよう

任意売却に限らず、不動産売却をしたいと思ったとき、できるだけ高く売りたいと考える人が多いでしょう。
任意売却は一般の人には経験や知識がないため、適正な価格を見極めることが困難です。
また、悪質な業者と契約してしまうと、損してしまう恐れがあります。
任意売却は、一般的な不動産売却の手続きの他に、債権者との交渉や手続き、売却者へのアフターフォローが必要で、知識と経験が豊富な専門家に相談しましょう。
オーナーズ・プランニング株式会社は任意売却を専門としており、住宅ローンの返済に困っている人をできるだけ救済し、サポートをします。
任意売却後の残債はどうなる?

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ