トップ >任意売却についてのコラム >任意売却における親子間売買
任意売却における親子間売買

親子間売買とは

親子間売買という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
親子間売買とは、家を息子や娘に売却することをいいます。
親子間売買で任意売却すると、家を手放した後も子どもが所有者となるため、家に住み続けることができるのです。
任意売却後も家に住み続けたいという人は、親子間売買を検討してみてはいかがでしょうか。
親子間売買のメリットは、任意売却をすると、家に住み続けることができることだけではありません。
引っ越しの費用や手間が省ける、返済負担が少なくなる、外部に経済状況を知られないなどのメリットがあります。
一方、デメリットもあります。
デメリットのひとつに融資をしてくれる金融機関が少ないということがあり、審査が厳しく、住宅ローンを組めないという人も少なくありません。
また、親子間でトラブルが発生する可能性があります。
メリットとデメリットを知った上で、親子間売買を検討しましょう。

親子間売買とは

親子間売買の住宅ローンは組みにくい

任意売却で親子間売買を行う場合は、子どもが新たに親から家を買い取ります。
そのため、住宅ローンを組む人が多いです。
しかし、ほとんどの金融機関は親子間売買に対して融資をしないため、悩んでいる人も少なくありません。
中には親子間売買であっても融資を行う金融機関もあります。
親子間売買の住宅ローンと一般的な住宅ローンを組むのに必要な条件は同じです。
自分で親子間売買の住宅ローンを組もうとすると失敗してしまうケースがあるため、任意売却の専門家に依頼することをおすすめします。
不動産会社や親子間売買に慣れていない人が自分で金融機関に交渉しに行くと、失敗する可能性が高いです。
スムーズに親子間売買を成功させるためにも、任意売却の専門家に依頼しましょう。
また、親子間売買は親子での取引になるため、価格を自由に設定できると考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、親子だからといって自由に価格を決めることができないため、注意が必要です。
任意売却は知識が必要になります。
わからないことが多い場合は、任意売却の専門家に依頼してみてはいかがでしょうか。

親子間売買の住宅ローンは組みにくい

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ