トップ >任意売却についてのコラム >任意売却が不成立になることがある
任意売却が不成立になることがある

親子間売買とは

親子間売買という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
親子間売買とは、家を息子や娘に売却することをいいます。
親子間売買で任意売却すると、家を手放した後も子どもが所有者となるため、家に住み続けることができるのです。
任意売却後も家に住み続けたいという人は、親子間売買を検討してみてはいかがでしょうか。
親子間売買のメリットは、任意売却をすると、家に住み続けることができることだけではありません。
引っ越しの費用や手間が省ける、返済負担が少なくなる、外部に経済状況を知られないなどのメリットがあります。
一方、デメリットもあります。
デメリットのひとつに融資をしてくれる金融機関が少ないということがあり、審査が厳しく、住宅ローンを組めないという人も少なくありません。
また、親子間でトラブルが発生する可能性があります。
メリットとデメリットを知った上で、親子間売買を検討しましょう。

親子間売買とは

任意売却を成功させるためには

他にも任意売却が不成立になる場合があります。
例えば、売却する物件の内覧ができないときです。
任意売却であっても通常の不動産売買と同じであるため、購入検討者が内覧できない状態であれば、購入まで至らず不成立になる可能性が高いでしょう。
任意売却を成功させるために、通常の不動産売買と同様に購入してもらいやすく対策する必要があります。
多額の滞納金があり、控除経費として認められていない場合も任意売却が不成立となるでしょう。
控除できない滞納管理費などは購入者にすべて引き継がれることになり、購入検討者がそれを受け入れなければ任意売却とはなりません。
一方で、購入者に引き継がせないようにすることもできるため、任意売却の専門家に相談してみるといいでしょう。
債権者が競売しか許可しない場合もあります。
この場合は、完済をしない限り、任意売却を成功させることができないでしょう。
任意売却が不成立になるケースは様々です。
任意売却を成功させるためには、確認事項をしっかり把握し、すべての条件を満たさなければなりません。
そのため、任意売却の専門知識がなければ、不成立という結果になってしまうことも少なくないのです。
任意売却を成功させたいという人は、任意売却の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。


任意売却を成功させるためには

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ