トップ >任意売却についてのコラム >任意売却と債務整理の違いとは
任意売却と債務整理の違いとは

任意売却と債務整理の違い

住んでいる家のローンを滞納しているなど、様々な理由で家を手放さなければならない人がいます。
この場合、任意売却をすることによって売却代金でローンを返済するか、今後の生活再建を行うのが、一般的でしょう。
家を手放したくないという人は、債務整理という借金の減額、返済額を減らすなど継続的に返済をしていくという方法があります。
このように任意売却と債務整理には違いがあり、更に債務整理には主に4つの方法があるため、その中から、現状に最適な方法を選ばなければならないのです。
それぞれ特徴が異なるため、これから任意売却などの債務整理をしなければならないという人は違いを知っておきましょう。
どの方法を選ぶべきかわからないという人は専門家に依頼してみてください。

任意売却と債務整理の違い

債務整理について

債務整理の4つの方法のひとつに「任意整理」があります。
適用条件は債権者の同意のみとなり、家を売却した後もそのまま住み続けられることができ、債務問題を周囲に知られる心配もありません。
しかし、個人情報の収集や提供を行う信報情報機関に掲載されるため、クレジットカード関連で使いにくさを感じるかもしれません。
特定調停というのも債務整理のひとつです。
適用条件は、借金があるが支払いができない可能性がある場合になります。
利用しやすいですが、信報情報機関というブラックリストに載ったり、調停で決めた支払いができなかったりした場合に強制執行されるため、注意しなければなりません。
個人民事再生という方法もあります。
適用条件は、5000万円以下の借金であることや、条件によっては返済が可能になることです。
任意整理と同様に、家を売却したあとも住み続けることができます。
デメリットは、ブラックリスト、管報に掲載、保証人に一括請求、費用や時間がかかることです。
4つ目の債務整理の方法は自己破産で、適用条件は、支払いが全くできない、原因が会社の倒産などギャンブル以外の理由があることです。
自己破産するとすぐに借金から解放されますが、ブラックリストや管報に掲載されるだけでなく、就職することができない職業があったり、家に住み続けることができなかったりするなどが、デメリットとして挙げられるでしょう。


債務整理について

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ