トップ >任意売却についてのコラム >任意売却と任意売買との違い
任意売却と任意売買との違い

任意売却と任意売買

住宅金融支援機構は任意売却を薦めています。
その理由は、競売と比較すると任意売却の方が通常の不動産として取引されるため、売却価格が高くなる可能性があり、負債の負担を軽減させることができるからです。
また、任意売却をすることで、任意売却の売却金から引っ越し費用の一部を控除してくれる可能性もあります。
競売をすると裁判が関わってきますが、任意売却であれば裁判とは関係なく売却時期や家を渡す時期、退去後の生活再建が立てやすくなるといったメリットがあるため、住宅金融支援機構は任意売却を薦めているのです。
しかし、任意売却はいつでも簡単にできるというわけではありません。
任意売却についての知識をしっかり身につける必要があります。


任意売却と任意売買

競売との違い

住宅ローンの支払いを滞納すると督促状が送られ、さらに任意売却のパンフレットが送られてくることがあります。
既に、住宅金融支援機構から任意売却のパンフレットが届いたことがあるという人もいるでしょう。
住宅金融支援機構は競売になる前に任意売却を薦めていますが、任意売却についての活動報告をするなど、住宅金融支援機構が定めている決まりを守って手続きを行います。
民間の金融機関で任意売却をする場合と大きく異なる点が、住宅金融支援機構の場合任意売却の申出書の提出が必要である点です。
この申出書は、債権回収会社に回収を委託する前に必ず行ってください。
委託された後に申出書を提出すると、任意売却が成立しない可能性があるからです。
また、不動産の売却活動が開始されると、その不動産の購入希望者が現れるまで毎月1回報告書を提出します。
民間の金融機関の任意売却と手続きの流れが異なるため、住宅金融支援機構から送られてくる任意売却のパンフレットに記載されてある流れに沿わなければなりません。
満たさなければならない条件があるため住宅金融支援機構の方が難しいというイメージはありますが、依頼する不動産や相談する専門家によって任意売却がスムーズに進むかどうかが決まります。
民間の金融機関と住宅金融支援機構の任意売却はそれぞれメリット、デメリットがあります。 しっかり、理解した上で決めましょう。

住宅金融支援機構と民間の金融機関の違い

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ