トップ >任意売却についてのコラム >任意売却の悪徳業者に注意
任意売却の悪徳業者に注意

悪徳業者の特徴

家が競売になるかもしれない、という事態になってしまうとどうにかならないか、と焦ってしまうことが多いでしょう。
任意売却をする際も、おいしい話には飛びつきたくなる気持ちも分かりますが、慎重に話を進めることが必要です。
そういった気持ちを利用する悪徳業者がいるということを忘れてはなりません。
しかし、どういった人たちが悪徳業者なのか、判断しにくいこともあるでしょう。
悪徳業者の特徴として、任意売却をする側にとって都合の良い話しかしません。
引っ越し代を100万円用意します、契約をしたら現金を用意しますなど、お金で勧誘することもあります。
とにかく早く契約を進める場合は、一度冷静になりましょう。
契約をすると連絡が取れなくなったり、ずるずると引き伸ばしたりして時間切れになって競売になる、というケースがほとんどなので注意が必要です。
他にも悪徳業者の特徴として、何度もピンポンを押し続ける、最初は若い女性が対応し、途中で男性に変わる、一見さわやかな雰囲気で誠実に見えるなどがあります。
何より都合の良い話が多い場合は、慎重になった方が良いでしょう。


悪徳業者の特徴

任意売却のトラブルを避ける業者選び

悪徳業者などの特徴を知り、さらに任意売却のトラブルを避けるには業者選びが重要です。
業者選びは慎重に行い、実績を確認することが一つです。
任意売却のトラブルなく、スムーズに行うには、知識と経験が必要です。
任意売却のほか、自己破産や税金などの実績がどの程度あるかをチェックしましょう。
また、1社だけで決めずに、複数の業者から話を聞くのもおすすめです。
任意売却の際には慌ててしまう気持ちもありますが、業者とのトラブルを避けるには慎重に業者選びを行うことが必要となります。
もちろん、宅地建物取引業者であるという基本的な資格もしっかり確認しましょう。
悪徳業者に引っかからないためにも、慌てず、慎重に業者選びをすることで、円滑に進めることができます。

任意売却のトラブルを避ける業者選び

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ