トップ >任意売却についてのコラム >任意売却を理解するための専門用語
任意売却を理解するための専門用語

住宅ローンを滞納している際に知っておきたい専門用語

住宅ローンの支払いが滞り、任意売却をすることになり、手続きが必要になる場合は、任意売却やそれに関連する手続きの専門用語を把握しておくことが必要です。
住宅ローンを滞納している際に通知などが届くことが多いですが、そこで出てくる専門用語を知っておきましょう。
まず、催告書ですが、住宅ローンなどの支払いが滞った場合、金融機関などの債権者から、お金を借りている債務者に対して、支払い期日と滞納金額が書かれているものです。
次に、代位弁済とは、住宅ローンが滞納された場合、そのローンを債務者に代わって保証委託契約を結んだ保証会社が一括で返済することを代位弁済と言います。
債務者は、担保となっている不動産を任意売却し、ローンの一部を返済し、残りは分割返済をするケースが多いです。


住宅ローンを滞納している際に知っておきたい専門用語

競売に関する専門用語

任意売却に関連する専門用語には、競売という言葉もよく出てきます。
競売は、住宅ローンなどの返済を滞納した場合、金融機関などが不動産を売却し、売却代金からお金を回収することです。
競売に関する専門用語について把握しておきましょう。
競売開始通知は、金融機関などの債権者が裁判所に競売を申し立て、裁判所がそれを受理したことを知らせる通知です。
競売開始決定通知、担保不動産競売開始決定などと呼ばれることもあります。
競売市場修正ですが、競売は不動産鑑定士によって価格査定が行われ、競売の場合、内覧ができない、引き渡しに裁判所手続きが必要、売主が非協力的などの要因を加味して、価格の調整をします。
これを競売市場修正と言いますが、任意売却の場合、競売市場調整がない、ということも売却価格が高くなる理由の一つです。
明渡猶予制度は、不動産が売却され、所有権が移転された後、不動産を取得した所有者が裁判所に引渡し命令を申し立てることができます。
それが出ても、競落後6ヵ月間は家賃の支払いをしていれば退去しなくてもいい、という制度です。

競売に関する専門用語

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ