トップ >任意売却についてのコラム >任意売却における抵当権
任意売却における抵当権

住宅購入の際に知っておきたい抵当権

住宅ローンを組む場合、抵当権という言葉が出てきますが、どういった意味なのか知らない人も多いのではないでしょうか。
住宅を購入する場合、多くの人が毎月分割して支払う住宅ローンを利用します。
その際、お金を貸す金融機関や住宅ローン会社は、月々の返済が遅れたり、滞納したりして、返済が滞るリスクを避けたいと考えます。
そのため、お金を貸す方は購入する住宅を担保にして、支払いが滞納した場合は、担保を差し押さえることをできるようにするのです。
この仕組みが、抵当権を設定すると言われています。
抵当権を設定すると、債権者は抵当権利者となり、住宅ローンの支払いが滞納し、返済ができないとなった場合に、担保である不動産を差し押さえ、競売にかけることができます。

住宅購入の際に知っておきたい抵当権

抵当権が設定されている不動産を任意売却する際の注意点

抵当権は住宅ローンの返済が終わり、手続きをすることで抹消することができます。
しかし、返済が難しくなり不動産を任意売却する際にも、抹消しなければなりません。
抹消しない限り、抵当権は売却した後も不動産についたままとなります。
不動産を購入する側は、抵当権が設定されたままだと、メリットはなくリスクだけを背負うことになるのです。
そのため、抹消されていない不動産は中々買い手が見つかることはないでしょう。
スムーズに不動産を売るには、残っているローンを一括返済し、抹消しなければなりません。
現実的には一括返済をするのは難しく、売買成立時に抹消手続きができるよう承認を得て任意売却をします。
競売で不動産を売買するよりも、任意売却の方が回収できる金額は高くなります。
そのため、不動産を売った際の金額が、返済額より下回っても、抹消手続きはできるケースが多いです。
任意売却で売買成立後、売却金額から売却仲介定数量や、抹消手続き費用、譲渡税など売却時の諸費用を引いた金額を返済に充て、抵当権の抹消手続きが行われます。


住宅金融支援機構と民間の金融機関の違い

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ