トップ >任意売却についてのコラム >任意売却と信用情報の関係性
任意売却と信用情報の関係性

話し合いによって売却を進める任意売却

借金をしている場合に、支払うことができなくなる可能性は、だれにでも出てくることです。
そうならないように、支払い計画を立てていくことになりますが、未来のことを予測できない以上、すべてがその通りにいくとは限らないでしょう。
支払うことができなくなった場合に、様々な返金方法を考えなければいけませんが、その一つとして、任意売却があります。
債権者は、債務者がローンの支払いができなくなり、滞納している場合にはマイホームなどを差し押さえて売却し、この代金で債権を回収する手段をとることが可能です。
一般的に競売手続きと呼ばれますが、競売にかけられると、持ち主の意思に関係なく売却されます。
そのため、必ずしも良い条件で売却するといった保証はできません。
そこで、不動産コンサルタントなどが間に入り調整することで、話し合いながら売却するという任意売却が有効です。
ローン先との任意の話し合いで進める方法ですので、メリットは多数あります。
しかし、任意売却をする際には信用情報との関係性を知っておくことも重要です。

話し合いによって売却を進める任意売却

信用情報にどこまで関係するか

信用情報とは金融機関の審査に使われる情報であり、滞納や自己破産といったことが記載されています。
実際に、任意売却という情報は存在しません。
しかし、任意売却を考えるときにはローンの支払いができなくなり、滞納している状態が多いです。
住宅ローンが3ヶ月以上滞納し続けた場合には、個人信用情報機関に、その情報が登録されることになるので、すでに滞納情報が信用情報に記載されている状態になります。
任意売却と信用情報の関係を考えると、ローンを長期に滞納をした時点で、避けることはできないでしょう。
信用情報は記載されると5年間、長い時には10年間は登録されることになり、情報が登録されている期間は、新規に住宅ローンを組むことはできません。
また、新規クレジットカードの発行も原則できなくなります。

信用情報にどこまで関係するか

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ