トップ >任意売却についてのコラム >任意売却での広告活動と秘密厳守について
任意売却での広告活動と秘密厳守について

ローン滞納による任意売却と広告活動による個人情報

ローンの返済ができず、住居が競売にかけられたり、任意売却をしたりすることがあります。
任意売却の際には、引っ越しが必要になりますが、できればローンの滞納のことや任意売却することは、知られることなく引っ越したいと思うでしょう。
現在の生活だけではなく、今後の生活を考えても、ローンの滞納を含めた秘密厳守は重要です。
情報公開の観点からも、競売にかけられるより、任意売却のほうが秘密を守ることができます。
任意売却は競売のように情報が近所の方に知られることなく、引越しをすることができるのです。
任意売却の場合でも、他の一般売却物件と同じように扱われるため、売主の希望や情報公開範囲を限定することもできます。
どんな理由で売りに出ているかなど情報が公開されることはありません。
しかし、ローンの滞納分を得るための売却になるため、広告活動は一般売却物件と異なることがあります。

ローン滞納による任意売却と広告活動による個人情報

広告活動でも守秘義務が存在する

任意売却の場合には、ローン返済が目的なので、できるだけ早く売却することが重要です。
任意売却期間が過ぎてしまうと、競売の手続きに移られてしまうため、早期の売却を行うためには、より広告活動が必要になります。
任意売却の物件の売却価格は、債権者の同意が必要ですので、売主の一存で決めることはできませんが、広告活動については売主の方のご希望を伝え、個人に関する情報は秘密厳守することが可能です。
広告活動は、一般物件と同様に、チラシや広告、インターネットを使って行います。
しかし、買主には売主の情報を聞く権利があるので、任意売却である真実を伝え、理解してもらわなければなりません。
買主に任意売却に至った経緯など、個人の事情は伝える必要がないため、ローンの滞納などによる任意売却ということは伝わっても、個人の事情については秘密厳守となります。
また、任意売却は販売期間に余裕があればあるほど、売主の希望に沿った形での販売活動ができるため、早めの相談をすると良いでしょう。

広告活動でも守秘義務が存在する

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ