トップ >任意売却についてのコラム >任意売却と競売の違い
任意売却と競売の違い

返済金額の大きな違い

住宅ローンの返済ができず、競売や任意売却をしなくてはならなくなった人もいるでしょう。
任意売却と競売は住宅を売却することでは同じであっても、様々な違いがあるので、知っておきましょう。
基本的に任意売却は競売を回避する方法として使われていますが、大きな違いの一つは、売却金額です。
任意売却は、話し合いにて売却金額を決定し、債務者の希望も反映されることがあります。
しかし、競売は評価額の70%が基本になるため、市場価格よりもはるかに安価で売却されるケースが多いです。
任意売却も競売も、売却してローンを返済するということが目的なので、できる限り高額で売却して残債を減らしたいと思うでしょう。
また、任意売却は一般売却物件と同様に扱われるため、周囲が任意売却したことはわかりませんが、競売は情報が公開されてしまうので、周囲に知れわたることになります。
このような点でも、できる限り任意売却をしたいと思う人が多いです。

返済金額の大きな違い

話し合いによって決めることの大きな意味

任意売却と競売の違いは他にもあります。
任意売却では事前協議をして売却条件を決定することができるのです。
広告方法も、一般売却物件と同様に行うため、購入者や販売地域を選ぶこともできます。
債権者と話し合いの元、進めていくのでお互いの損害を広げてしまうことが少なくなります。
また、購入者を選定することができるため、購入後賃貸物件として利用することや投資家に売却することも可能です。
しかし競売では、情報公開された後に、購入者は最高額の入札者となるため、購入者を選定することができません。
また、任意売却では引き渡し、引っ越し日も購入者との相談の上、決定するので、その後の生活の計画も立てることができます。
競売では落札者主導で決定されるため、計画を立てるのが難しいです。
住宅ローンの滞納により、任意売却や競売をする場合には、違いを理解した上で、ローン返済に最適な方法を取ることが重要です。

話し合いによって決めることの大きな意味

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ