トップ >任意売却についてのコラム >任意売却後の残債に対する税金控除について
任意売却後の残債に対する税金控除について

任意売却で受けられる控除とは

住宅を購入する時には、多くの人が住宅ローンを組み、住宅ローン減税による税金控除を受けているでしょう。
住宅ローンの滞納により、任意売却することになったときには、住宅ローン減税の適用はなくなります。
任意売却の際に適用される税金控除について知っておきましょう。
任意売却は住宅ローンの残債がある中で行いますが、任意売却をするときに残債がある場合には、税金控除に対して特例を利用できることがあるのです。
いくつかの条件を満たしている場合、所得税と住民税の控除を受けることができます。適用される税金控除は、特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例になります。
売却した時の住宅ローンの残債を損失ということで考え、給与所得と損益通算できるのです。
正確には、繰越控除限度額が対象となってきますが、住宅ローンの返済額に対して売却金額を引いたものを指すので、残債と同じ意味を持っています。
税金として支払っている源泉徴収税額が還付され、繰越控除が3年あるということも知っておくと良いでしょう。
しかし、どんな物件でも対象となるわけではなく、住宅ローンを支払っている対象が住居用財産であることが重要で、投資用物件などは対象にはならないので注意が必要です。

任意売却で受けられる控除とは

任意売却で残債が出るときには確実に手続きをしよう

任意売却で税金控除を受けるためには、確定申告が必要になってきます。
譲渡損失金額の明細書などの書類をそろえ、売却物件が所有期間として5年を超えていることも証明することが必要です。
細かい基準もあるため、各税務署での相談窓口を利用して、相談することができます。
損益通算するということは、所得から大きくマイナスになることもあるでしょう。
そのような場合には、税金が控除され還付される金額も高額になる可能性あるのです。
しかし、この税金控除は特例で認められているものなので、今後も適用される保証はありません。

話し合いによって決めることの大きな意味

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ