トップ >任意売却についてのコラム >任意売却の媒介契約
任意売却の媒介契約

任意売却での契約の種類

任意売却を行なうときでも、不動産会社に売買仲介を依頼するならば、契約を行ない、その契約には3つの種類があり、目的に応じて選び方も変わってきます。
1つめは専属専任媒介契約であり、これは1つだけの不動産会社と契約を結び売買を行ない、契約を結ぶと不動産会社は5日以内にレインズに物件を登録し、1週間に1度以上、販売活動報告を売り主に行なうのです。
また、自分で買い主は見つけられません。
2つめは、専任媒介契約です。
これも1つだけの不動産会社と、契約を結び売買を行ないます。
契約を結ぶと、不動産会社は7日以内にレインズに物件を登録し、2週間に1度以上販売活動報告を売り主に行ないます。 この場合、自分で買い主は見つけられます。
3つめは一般媒介契約です。
複数の不動産会社と同時に契約を結ぶことができ、不動産会社はレインズへの登録と売り主への活動報告は任意となります。
また売り主は、自分で買い主を見つけることが可能です。
どのような売却を行ないたいのか、目的によりこれら3つの種類の中から契約方法の選び方は変わってくるでしょう。
3つ種類がありますが、任意売却が目的であれば、選び方としては、専属専任媒介契約または専任媒介契約をおすすめします。

任意売却での契約の種類

一般媒介契約は売り主の利益にならない

任意売却という目的であっても、不動産との契約の選び方はこれにしなければいけないと決まりはなく、3つの種類があるので、その中から好きに選んで良いことになります。
しかし、任意売却を行なうならば、一般媒介契約はおすすめできません。
一般媒介契約では複数の不動産会社と契約を結び、売買を仲介してもらうので、仲介先の窓口が1つにまとまらず、契約したすべての不動産と売り主は連絡し、取りまとめないとなりません。
また場合によっては、せっかく良い条件で買おうという買い主が現われても、取りまとめが出来ておらず、契約が伸びてしまい、買い主は他の物件を買うかもしれないからです。
売り主の負担を減らすためにも、任意売却という目的での選び方は、販売活動を集中して行なうためにも、専属専任媒介契約または専任媒介契約にした方が良いでしょう。


一般媒介契約は売り主の利益にならない

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ