トップ >任意売却についてのコラム >任意売却による債権者との交渉について
任意売却による債権者との交渉について

不動産会社が行なう交渉


不動産会社が行なう交渉

任意売却は住宅ローンを組んで不動産物件を購入してから、返済を滞納し残債が残ったときに、行なわれる方法です。
住宅ローンの滞納した分があれば競売という方法も行えますが、競売しても住宅ローンの滞納分の完済のめどが立たないとなると、任意売却を行なうことになります。
そして住宅ローンの滞納分を、債務者は返済していくのです。
任意売却が決定すると、住宅ローンの滞納分の返済交渉は、債務者が行なうことはほとんどなく、任意売却時に媒介契約を結んだ不動産会社が行ないます。
また、誰と交渉を行なうかは住宅ローンの滞納分になるので、それを扱う金融機関との交渉です。
不動産会社は、不動産物件の売買をサポートするのはもちろん、債権者との交渉、税金や管理費などの滞納があれば、税務署や管理組合との交渉と、幅広く債務者をサポートしています。

任意売却での交渉


任意売却での交渉

任意売却を行なうまでの交渉は多くの場合、不動産会社が行ないます。
しかし売却後は、残債が残ることが多いです。
売却後に不動産物件の売却代金は、住宅ローンの滞納分の債務を下回ることが多く、残債が出てきます。
残債のある物件なので、普通の人は買いたいとは思わず、投資家などに安く買い取られてしまうのです。
また、住宅ローンで残った債権に関しては、債権回収会社というところが行います。
これはサービサーと呼ばれる会社であり、売却後の債権回収を専門にしているのです。
そして売却後に残った債務に関しては、債権者との交渉は、ケースバイケースで行なわれます。
また、不動産会社が行なう場合もあり、さらに債務者が返済計画を相談する場合もあるでしょう。
この債権はすでに金融機関から離れて、債権回収会社が回収することになっているので、交渉はこの債権回収会社と行い、どのように返済するか決めていきます。
返済計画を見直す、残った債務は買取によって返済とするなどと、具体的にどのように完済を目指すか、相談していくことになるでしょう。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ