トップ >任意売却についてのコラム >任意売却のトラブルと対処法について
任意売却のトラブルと対処法について

勧誘の連絡が多く来る


勧誘の連絡が多く来る

任意売却を行なう場合は、すでに住宅ローンを滞納し、何ヶ月と支払っていない場合が多く、信用情報に傷が付き、いわゆるブラックリストと呼ばれるリストに載ることも多いです。
そうなると債務者は予期せぬトラブルに出くわしてしまうこともあります。
住宅ローンを滞納している場合に多いのが、名前も聞いたことの無いような金融会社からの突然の勧誘電話や、ダイレクトメール、飛び込みでの営業です。
ほとんどがお金を借りませんか?という誘いであり、ついついお金を借りると、目をつけられてしまい、最悪の場合さらに借金を増やして滞納し、自己破産するまでお金を騙し取られてしまうでしょう。
また、任意売却に関するトラブルも発生することがあります。
まず不動産物件を任意売却で売ろうとしますが、住宅ローンを滞納している物件なので、買い手が見つからないこともあります。
いつまでも買い手が見つからないとなると、競売にかけられるのです。
さらに、任意売却後にも債務が残ることが多く、滞納分のいくらかは売却後にも返済をしていきます。
返済義務があるので、無理のない範囲で返済していくようにして、トラブル無く完済を目指しましょう。

トラブル無く任意売却を行なうために


トラブル無く任意売却を行なうために

任意売却を行なうときは不動産会社が売却を進めますが、それには専門的な知識が必要です。
専門知識、法律の知識、交渉力と、ただ売却すれば良いだけでなく、債務者のことも考え手続きを進めていくので、普通の不動産物件の売買とは違います。
任意売却に関するノウハウを持っていないと難しく、街の小さな不動産会社などでは扱うのは難しいでしょう。
如何にいままで専門的に任意売却を扱ってきたのか、そしてそのノウハウを蓄積してきたのかが、トラブル無く任意売却を依頼し、任せられる会社です。
不動産会社にしても、任意売却を専門に行なっている、その道のプロの会社もあります。
中には債務者からお金をだまし取るために、ノウハウもないのに請け負う不動産会社もあるので注意が必要です。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ