トップ >任意売却についてのコラム >不動産投資家や第三者による任意売却とは
不動産投資家や第三者による任意売却とは

任意売却してもそのまま住める


任意売却してもそのまま住める

通常住宅ローンを滞納し返済が難しくなると、購入した不動産物件は競売か任意売却という手段が使われます。
しかし最近は、競売のトラブルが多いため、任意売却を使うケースが増えきているのです。
どちらの場合にしても、購入した不動産物件は売却することとなり、住宅ローンの債務者である不動産物件の持ち主は、その物件に住むことは出来ません。
しかし、どうしてもその物件に住んでいたい場合には、リースバックという手段があります。
リースバックは、第三者に自宅であるその物件を購入してもらい、手放さず住み続けることが可能です。
第三者と言うのは、一般の人でなく、投資家や任意売却を扱う専門業者になります。
また、住むことはできますが、第三者の専門業者などと賃貸契約を結ぶこととなり、家賃を払いながら住むことになるでしょう。

リースバックは条件が厳しい


リースバックは条件が厳しい

任意売却しなければならないというときでも、物件を手放したくなく、リースバックを希望する人はいます。
しかし第三者である投資家や専門業者は、その物件が安く買える手段なので任意売却物件でも購入するということです。
つまり、想像以上に物件の値段は安くなり、住宅ローンの残高より少ない場合も多くあります。
自宅であるその物件を売却して、住宅ローンを完済できる見込みであればリースバックは使えますが、完済が難しいとなると使うことができません。
さらには、賃貸契約を結び家賃が発生するので、十分な収入がないと、リースバックは実現しないでしょう。
また賃貸契約を結んでも、数年であり、賃貸更新はできず、しっかりとした保証人を求められます。
債務者にとってのリースバックは、立場の弱い、最終手段と言えるでしょう。
物件の販売価格にしても、投資家など第三者の言い値で買われることになります。
リースバックで買い手となる第三者を探すにしても、そのノウハウなどがないと難しいので、十分な実績のある専門業者でなければ、扱うのは難しいです。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ