任意売却が良い理由とは?

よく、「どうせ自宅を売却するのなら、競売でも任意売却でも同じじゃないか!!」と思われる方がいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。競売と任意売却では、その後の「生活再建」に大きな差がでてきます。

[比較早見表] 『任意売却』と『競売』ではこんなに違う!!!

任意売却の場合   競売の場合
自宅を手放さなくて済む方法がある 必ず自宅を手放さなくてはならない
市場価格に限りなく近い金額で売却できる 市場価格の7、8割り程度で落札される
引越代金や当面の生活費の確保も可能 売却代金はすべて債権者に支払われる
公表される心配がない 公告というカタチで公に公表される

詳しくは下記をご覧下さい

任意売却が良い理由1 自宅を手放さなくて済む方法もある!!!

まず大前提として、任意売却なら「債務(借金)の内容や、あなたの強い意志次第」では、いまお住まいのご自宅を『手放さずに済む方法』もあります。当社では、そんなご要望にもお応えできるように、リースバックという方法をご用意しています。

しかし、競売になれば、そんな方法を模索するどころではありません。当たり前の話ですが、あなたの意思とは関係なく強制的に、ご自宅は売却されます。

ご自宅を手放したくない。または住み続けたい方はコチラをご覧下さい。

任意売却が良い理由2 競売入札に比べ高額で売却できる可能性が高い!!!

競売の場合、入札開始時の設定金額が低いので、どうしても市場価格の7・8割り程度の金額で落札される事が多くなります。それに比べ、任意売却だと「市場価格に限りなく近い金額での売却を目指す」ので、競売入札に比べて高額で売却できる可能性が高いといえます。つまり、高く売れるということは、それだけ残債務(借金)の減少につながる為、その後の生活再建がしやすくなります。

任意売却が良い理由3 引越資金や当面の生活資金の確保も可能!!!

競売入札で売却されると、売却金額はすべて債権者(金融機関等)に支払われますが、任意売却の場合、債権者(金融機関等)との話し合い次第では「売却金額の一部を手元に残すことも可能」です。その為、その資金を「引越代金や当面の生活費にあてることも可能」なので、その後の生活再建がしやすくなります。

任意売却が良い理由4 公に告知される心配がない!!!

競売になれば「公告」というカタチで、新聞や業界紙、インターネット等で競売物件として、あなたのご自宅の情報が公表されます。その為、もしかすると知られたくない方や隣近所にも知られる可能性が高くなります。しかし、任意売却なら公表される心配がないため安心です。(※ただし、任意売却と同時に競売入札にかけられていた場合を除く)

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ