トップ >任意売却についてのコラム >任意売却した後の自動車ローンについて
任意売却した後の自動車ローンについて

信用情報機関に乗ってしまった状況


信用情報機関に乗ってしまった状況

任意売却を考える場面は、住宅ローンの返済状況として滞納が重なってしまい、身動きが取れない場合になってきている状態でしょう。
この状態では、任意売却の前に金融事故として、信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。
この時点でさまざまなローンに影響が出てくる状況です。
実際に返済状況にもよりますが、信用情報機関に登録されるという時点で、自動車ローンも難しくなってしまいます。
特に新車での購入は、与信の面から考えて無理が出てくることになるでしょう。
銀行でのローンの与信審査は、住宅ローンの返済状況から考えてまず通らない状況ですので、任意売却をするということ以前に、考えていかなければいけないこととなります。
可能性としてあるのは、信用情報機関からのリスクを考え、金利の設定を高くすることや、支払額に制限をつけるといった方法です。
返済状況から与信が通らない可能性のほうが高く、ローンが組めれば、御の字と考えなければいけません。
絶対に自動車ローンが組めないというわけでもないため、可能性があるのならば、相談をしてみるというのは、ひとつの方法となってくるでしょう。

自動車ローンを別の人に頼むなど


自動車ローンを別の人に頼むなど

どうしても自動車が必要で、自動車ローンも組まなければ購入ができない場合には、与信に通らない以上他の手も考えていかなければいけません。
連帯保証人を用意するというのは、一般的な手法になるでしょう。
これで、実際に返済が滞りそうなときには、連帯保証人に対して請求ができるため、ローン会社の与信に通りやすくなります。
頭金を用意して、返済負担を軽くするというのもひとつの方法となるでしょう。
任意売却の段階を考えると現実的ではありませんが、任意売却後の返済状況によっては考えられることも出てきます。
実際に信用情報機関に乗っている人以外に名義人になってもらうというのは、かなり現実的な方法です。
自動車ローンも組めるようになりますが、家族の中で頼めるなどの条件が必要になるでしょう。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ