トップ >任意売却についてのコラム >任意売却後のクレジットカードの利用について
任意売却後のクレジットカードの利用について

任意売却後のクレジットカードの利用はできるか


任意売却後のクレジットカードの利用はできるか

任意売却をするのは、住宅ローンの返済が厳しく不可能な状態になったことが影響するでしょう。
この状態は、信用情報機関に登録されます。
任意売却が登録されるのではなく、住宅ローンの返済が滞ってしまったことが、金融事故として登録されている状況です。
この状況下の中で、クレジットカードを利用できるのかといえば、非常に不透明な状況になってきます。
クレジットカードに関しては、常に審査を繰り返していくのが特徴です。
利用者は常に同じ状況ではないため、利用上限の制限などの措置をしていくことになります。
信用情報機関を元にしているため、任意売却後には、審査によって一定の制限が課せられる可能性があるでしょう。
その代り、突然利用を停止するようなことはまずありません。
ですが、有効期限が切れた後には、後進に応じないといった可能性は十分にあります。
それほど信用情報は大きな影響を与えることになるのです。

クレジットカードの新規発行の与信は通らない


クレジットカードの新規発行の与信は通らない

任意売却後に新規でクレジットカードを作れるかといえば、非常に厳しい状況になります。
与信審査に通らないことはまず間違いありません。
信用情報に問題があるためで、リスクがある状況では与信審査は難しいでしょう。
継続利用をするよりも、新規で与信審査を通すほうが難しいと考えなければいけません。
新たに作るのは、実際に不可能と考えてもいいでしょう。
この措置も、延滞があったときから5年で消却されます。
これ以降は、信用情報に関しては、与信に影響を与えないということになるでしょう。
クレジットカードをどうしても必要な場合には、プリペイドカード方式のクレジットカードもあります。
手間はかかりますし、使い勝手は一般的なクレジットカードよりも劣りますが、どうしても必要な場合には、コンビニなどで購入できるため、新規発行で悩むよりも利用を考えてみるのが一番です。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ