トップ >任意売却についてのコラム >リスケジュール中の任意売却
リスケジュール中の任意売却

リスケジュールとは


リスケジュールとは

リスケジュールという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
リスケジュールとは、融資や住宅ローンなどの返済途中で返済が困難になったときに金融機関と交渉をして、当初の借入条件の変更を行うことです。
例えば、失業や病気、販売先の倒産が原因で、一時的に返済ができなくなっても、一定期間内に返済が困難になった原因が解消される見込みがあり、返済が当初の約定に戻せるといった場合に、リスケジュールが可能です。
リスケジュールが行われると、金融機関からの信用は、低下します。
リスケジュールが失敗する危険性もあるため、注意しましょう。
リスケジュールを行う目的は、返済額の減少であると考える人が多いですが、それは手段です。
住宅ローンの返済が難しくなるきっかけに目を向けなければなりません。
リスケジュールは目先の返済額を減少させることができますが、楽をした分のツケが、その後にやってきます。
住宅ローンの返済が難しくなったとき、一番先に考えることは生活の健全化ではないでしょうか。
リスケジュールという手段を取らずに、任意売却を検討してみても良いかもしれません。

リスケジュール中でも任意売却ができる


リスケジュール中でも任意売却ができる

リスケジュール中でも、任意売却をすることが可能です。
実際に、数年前にリスケジュールをしたことによって住宅ローンの負担が軽くなったが、期限が切れてしまって支払いが難しくなったという人が多くいます。
リスケジュールをした後は、据え置いていた分のローンを支払わなければ、最終的に競売にかけられるでしょう。
競売にかけられるよりも前に、任意売却をすることが重要です。
リスケジュールをしてもうまくいかなかったという人は、任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。
リスケジュールは、資金繰りが楽になるといったメリットがありますが、リスケジュールを行うことで新たな借入をすることが難しいです。
ローン借り換えも難しくなります。
リスケジュール後に、新たな借入やローン借り換えを行うためには、債務者区分を正常先に戻す必要があり、正常先に戻すためには当初の返済条件に戻さなければならないのです。
簡単に正常先に戻すことができないということを知っておきましょう。
リスケジュールが利用できない人も、任意売却をおすすめします。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ