トップ >任意売却についてのコラム >任意売却における売却益
任意売却における売却益

任意売却をした際の売却益について


任意売却をした際の売却益について

任意売却をすると、予想していた金額よりも高く売れることがあります。
例えば、元々好立地だった場合は、土地だけでも価値が高いのです。
任意売却の売却価格が高ければ高いほど、自分への報酬も高くなるため、できるだけ高く売りたいと考える人も少なくありません。
任意売却の売却益で、債務が完済できることもあるでしょう。
しかし、売却価格がすべて手に入るというわけではないため、まずは、任意売却における売却益について知っておく必要があります。
任意売却が決まると、その金額から仲介業者の手数料などが差し引かれ、そこから様々なものが引かれて最終的な売却益が手元に残ることになるのです。
そして、任意売却にしても競売にしても、原則として売却益が発生した場合には、それに対して譲渡所得税や住民税がかかるということを忘れてはなりません。

税金がかからない場合


税金がかからない場合

任意売却の売却益がすべて借金の返済に充てられており、手元に1円も残らなかったとしても税金は取られます。
しかし、場合によっては譲渡所得税がかからない特例があります。
それは、住宅を購入したときの価格よりも、任意売却の価格の方が下回ったときです。
購入価格よりも時価が下がっていることが多いため、売却益は出ないケースが多いでしょう。
また、多少の売却益が出ても3000万円の特別控除があるため、3000万円以上の譲渡益が出ない限り、所得税がかかりません。
他にも、物上保証人が保証債務の履行のために抵当不動産を任意売却した場合にも、特例が適用され、譲渡所得税がかからない可能性があります。
資力を喪失し、債務を弁済することが著しく困難であると判断されると、譲渡所得税がかからないケースもあるのです。
税金の特例は適用条件が厳格であるため、任意売却の専門業者などに相談してみることをおすすめします。
競売の場合は、住宅ローンなどの残債の支払いを諦めたということになりますが、任意売却の場合は、支払いを諦めずに誠実に負債の返済を行うということを宣言しているアピールになるのです。
住宅ローンの支払いが難しい人は、任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ