トップ >任意売却についてのコラム >任意売却を行うタイミングとは
任意売却を行うタイミングとは

任意売却はできるだけ早いタイミングで決断するのがポイント


任意売却はできるだけ早いタイミングで決断するのがポイント

任意売却を行うタイミングはできるだけ早い方が良いとされています。
一般的には、住宅ローンの滞納が始まり、競売にかけられるまでの期間は半年から数年と長い傾向にありますが、これは金融機関から督促状や催告状が送られてきたり、代位弁済の手続きが行われるためです。
注意しなければならないのは、完全に住宅ローンを支払えなくなったタイミングで競売にかけられるのではなく、最初の滞納から見て判断されるといった点です。
代位弁済が始まってからは早くて1ヶ月から3ヶ月ほどで競売が完了する可能性があります。
その為、競売にかけられる前に任意売却の手続きを進めましょう。
早いタイミングで任意売却をした方がいいとわかっていても、まだ大丈夫だと行動しない人も少なくありません。
しかし、住宅ローンの滞納が始まったタイミングから任意売却の行動し始めるのと、代位弁済が始まりギリギリになってから行動するのとでは、任意売却の交渉内容が異なってきます。

競売が完了する前に


競売が完了する前に

早い段階で任意売却を決断して行動に移すと、金融機関側は譲歩をしてくれる可能性があります。
しかし、代位弁済ギリギリになると妥協しなければならないことが多くなるのです。
そのため、住宅ローンの滞納が始まったタイミングで任意売却を検討し始めることが大切です。
また、今後の住宅ローンが支払えなくなる可能性があるという人も、できるだけ早いタイミングで任意売却を考え始めましょう。
住宅ローンが支払えなくなると予想される場合には、状況次第で金融機関が任意売却を承諾してくれる可能性もあります。
任意売却のタイミングを知っているのと、知らないのとでは交渉内容に影響を与えるだけでなく、気持ちの余裕も大きく変わってきます。
任意売却が成立するのは早くて1ヶ月程度です。
平均期間は1ヶ月から3ヶ月とされていますが、この期間中に任意売却の専門業者は依頼者の不動産評価額の査定や、金融機関への合意を交渉しに行きます。
さらに、買い手を見つける作業も必要です。
様々なステップを踏んでいかなければならないため、競売が先に完了してしまうこともあります。
競売が完了する前に、任意売却の専門業者に相談してみてはいかがでしょうか。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ