トップ >任意売却についてのコラム >任意売却後に残債を返済できるの?
任意売却後に残債を返済できるの?

任意売却後に残った住宅ローンは支払わなければならない


任意売却後に残った住宅ローンは支払わなければならない

住宅ローンが支払えなくなり、任意売却を検討している人もいるのではないでしょうか。
その際に気になることは、住宅ローンのすべてを任意売却によって返済できるかどうかです。
任意売却をしても残ってしまった残債は、引き続き返済していかなければなりません。
しかし、任意売却後の住宅ローン残債の返済は債権者との交渉次第で、月額が1、2万円程度になるケースが多いです。
任意売却をすることで住宅ローン残債が減り、その後の返済額が減ります。
債権者にとっては、すでに任意売却によって返済されている額があるため、毎月の返済額が減ったとしても問題がありません。
そのため、任意売却後の毎月の返済額は減って当然だということを知った上で、債権者と交渉に臨むことが大切です。

残債は任意売却で減らせる


残債は任意売却で減らせる

任意売却をする上で重要なことは、残債を減らすことです。
月々の返済額を減らすのではなく、残債を減らすことが交渉のポイントになります。
交渉によって残債を減らすことができれば、月々の返済額もさらに減ります。
任意売却を行う上で、債権者が変わることを知っておきましょう。
住宅ローンの債権者は銀行でしたが、任意売却を行うことで銀行から債権回収会社へ移管され、債権者が銀行からサービサーに変わるということを知っておきましょう。
サービサーとは、債権を銀行から譲り受けて回収する専門業者のことです。
通常、住宅ローンの残債が1500万円だった時、滞納せずに支払える人は1500万円を返済し、正常債権として扱われます。
しかし、滞納している状況では、債権は正常ではなくなり、不良債権となるのです。
正常債権の価値が1500万円であれば、不良債権の価値は1500万円もなく、サービサーは1500万円よりも低価格でなければ債権を買いません。
そのため、サービサーは銀行から1500万円の債権を1000万円などといった価格で購入します。
銀行から譲り受けた債権額が1000万円であれば、任意売却によってサービサーがすべて回収しきっていることになります。
その為、残りの500万円の債権はローンとして任意売却後も支払いが発生します。
この任意売却後に残った500万円の残債は、交渉次第で下げることが可能です。
残債を減らす交渉は粘り強さが重要となります。
ローンを滞納し始めているなら、なるべく早く任意売却の専門業者に相談してみてはいかがでしょうか。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ