トップ >任意売却についてのコラム >滞納がなくても任意売却を行うケースとは
滞納がなくても任意売却を行うケースとは

住宅ローンを滞納していなくても任意売却ができる


住宅ローンを滞納していなくても任意売却ができる

多くの人は、住宅ローンの返済が困難になり任意売却を検討します。
しかし、中には住宅ローンを滞納していなくても任意売却をする場合があります。
基本的に、任意売却は金融機関などの債権者側が合意さえすれば手続きをして任意売却を行うことが可能です。
特に、今後住宅ローンが返済できなくなり、滞納する可能性がある場合には、任意売却を合意してくれる金融機関が多いため、滞納し始める前に任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。
住宅ローンの返済額が高すぎる場合や、失業、退職によって収入が減るといずれ滞納してしまう時がくるかもしれません。
また、税金などの滞納が続き、じきに住宅ローンまで滞納する可能性がある場合にも、任意売却の合意は得やすいです。

できるだけ早い段階で決断しよう


できるだけ早い段階で決断しよう

任意売却は住宅ローンが支払えなくなった方だけが行うものではありません。
離婚して別居する場合にも、任意売却を決断することがあります。
離婚後にその家に住み続けるのであれば、これからも住宅ローンを返済していけば問題ありません。
しかし、多くの人は任意売却を選びます。
その理由は、今後の住宅ローンを返済する気がないからです。
別居し、お互い別々の家を見つけることも少なくありません。
様々な理由によって、住宅ローンの滞納がなくても任意売却を決断する人が多いです。
任意売却はできるだけ早いタイミングで決断し、行動をおこすことが大切なポイントであるため、決断できずにいる人は一度、任意売却の専門業者に相談してみてはいかがでしょうか。
住宅ローンの滞納がない場合も滞納している場合も、任意売却は金融機関の合意が必ず必要です。
専門知識のない人が金融機関に説明をしても合意が得られないケースが多いため、専門業者に相談して手続きを踏みましょう。
基本的に、滞納前であれば金融機関も良心的に対応してくれますが、スムーズに話を進めるためには任意売却に詳しい業者の力が必要です。
住宅ローンの滞納が続き、競売が始まると任意売却が間に合わない可能性があります。
納得のいくかたちで任意売却を成功させるためにも、滞納する前に任意売却を決断し、業者に相談をしに行くなどの行動をとることが大切です。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ