トップ >任意売却についてのコラム >任意売却サイトで気をつけること
任意売却サイトで気をつけること

任意売却業者をwebサイトで探す際は


任意売却業者をwebサイトで探す際は

任意売却を検討している人は、任意売却業者をwebサイトで探すでしょう。
インターネットからの情報収集は、任意売却をする上で欠かせません。
しかし、webサイトで任意売却業者を探す際は注意しなければならないことがあります。
様々な情報がwebサイトに載っていますが、誇張された表現や紛らわしい情報もたくさんあるのです。
信頼できる任意売却業者を選ぶためにも、サイトで気をつけるポイントについて知っておきましょう。
特に、任意売却業者のランキングサイトには注意が必要です。
お勧めサイトなどもありますが、そのサイトの運営者がわからないことも少なくありません。
社名はあっても連絡先、所在地などが記載されていない等、誰がおすすめしているかわからないwebサイトの情報を鵜呑みにするのは、信憑性に欠けます。
そのため、ランキングサイトやお勧めサイトだけで任意売却業者を選ばないようにしましょう。
また、口コミのようなページを作成し、そのwebサイトへの訪問者をたくさん集め、そのページの中で広告をクリックしてもらうことを目的とする業者もいます。
これは、アフェリエイトプログラムと呼ばれており、サイトに掲載されている広告をクリックするとサイト運営者に広告料が入る仕組みです。
このような、口コミやランキングサイトには注意しましょう。

免許の有無や所在地など確認しよう


免許の有無や所在地など確認しよう

基本的には任意売却業者のHPの内容を確認しましょう。
任意売却についての情報を得る場合は、必ず会社概要や運営者情報を見て、不動産業の免許や司法書士や弁護士との連携があるのかを確認しましょう。
例えば、宅地建物取引業免許があることはもちろん、任意売却取扱主任者の資格がある、宅地建物取引士がいるような業者は不動産の知識や任意売却の知識を持っている為安心できるでしょう。
不動産会社に依頼する場合は、司法書士や弁護士と連携ができているかどうかを確認しましょう。
司法書士や弁護士と連携が取れていると無駄も少なくなり、スピーディに任意売却が進むでしょう。

不動産を任意売却した場合、任意売却した不動産は、一般市場での売却が必要となります。
不動産業の免許を持っている業者であれば、その不動産業者に売却までお願いできます。
その為、任意売却を行うのであれば、不動産会社に依頼することをおすすめ致します。
様々なwebサイトがありますが、任意売却業者や不動産業者のサイトをしっかりと見て、免許の有無、連絡先、所在地の記載、司法書士や弁護士との連携がされているか、どこまでフォローしてくれるのかを確認してください。
任意売却ができない任意ブローカーのような業者も存在するため、気をつけなければなりません。
中には、無免許で事業を行っている業者がいます。
無免許の業者に相談してしまい、後悔したという人も多いので注意しましょう。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ