トップ >任意売却についてのコラム >賃貸併用住宅の任意売却が進まない理由とは
賃貸併用住宅の任意売却が進まない理由とは

賃貸併用住宅とは


賃貸併用住宅とは

賃貸併用住宅とは、戸建住宅の一部に賃貸住宅を加えた建物のことを言います。
居住空間や基本性能は一戸建住宅と同じですが、敷地の価値を活用して家賃収入を得ることができます。
家賃収入を得ながら賃貸併用住宅のローンを返済することができ、人によっては毎月の返済額を上回る家賃収入を得ている人もいます。
住宅ローンの負担がなければ、生活にも余裕が出るでしょう。
自宅の建て替えや実家を相続する場合に様々なメリットがありますが、ローンが払えなくなった等の理由で任意売却をする際にはなかなか進まないことが多いのです。
実際に賃貸併用住宅の任意売却を検討している人もいるのではないでしょうか。
賃貸併用住宅の任意売却が進まないのには理由があります。

賃貸併用住宅は買手が見つかりにくい?


賃貸併用住宅は買手が見つかりにくい?

事務所や店舗など、自宅以外の部分を賃貸併用住宅となります。
また、自営業をしている人が自宅以外の部分を事業に利用しており、使わなくなってから賃貸で第三者に貸していることもあるでしょう。
賃貸にすることで得た収入でローンが返済できていれば問題ないですが、ローンの返済ができなくなると、任意売却に進むケースが多いです。
賃貸併用住宅は投資物件としても魅力があるため、適切な価格で設定すると買手が早く見つかります。
しかし、自宅部分の床面積が賃貸部分の50%以下の場合、住宅ローンが組めず、困難になるという弱点があります。
そのため、購入したいという人が現れてもローンを受け付けてくれる金融機関がなかったり、アパートローン等を組まないといけず、一般的な金利よりも割高であることがあります。
そのような場合や資金がない場合、賃貸併用住宅の購入を諦める人が多いようです。
また、や改築をしてしまったことで、と土地に対して建ぺい率や容積率をオーバーしている物件もあるでしょう。
本来であれば、建ぺい率や容積率のオーバーしている割合が大きく、一般的な住宅ローンが利用できない場合は改築させるなどの対応が必要ですが、任意売却の場合はそのような費用を負担する余裕がありません。
現状のままでの任意売却となると、なかなか買手が見つからず、スムーズに任意売却が進まないことがあります。
賃貸併用住宅の任意売却が進まない理由は他にもありますが、不動産会社など任意売却の業者に相談することをお勧めします。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ