トップ >任意売却についてのコラム >任意売却をする際の住宅ローンの考え方
任意売却をする際の住宅ローンの考え方

住宅ローンの返済に苦しんでいる人は任意売却を開始しよう


住宅ローンの返済に苦しんでいる人は任意売却を開始しよう

住宅ローンの返済が苦しくなったとき、任意売却や競売といった考えが出てくるのではないでしょうか。
マイホームを持つことが夢だという人も少なくありませんが、住宅ローンを完済するまでの間、安定した収入と支出を毎月繰り返していくことは、とても大変なことです。
収入が変わらなくても、支出が多くなると生活が苦しくなってくるでしょう。
苦しい生活が日常となり、慣れてしまう人もいます。
しかし、苦しい住宅ローンの返済に対して、任意売却を決めると気づくことがあるのです。
住宅ローンの返済に苦しい思いをしている人は、任意売却を開始することで気づくことについて知っておくと、楽になるかもしれません。
例えば、任意売却をすることで、これまで支出していた住宅ローンの返済額が手元に残ることです。
住宅ローンの滞納前の状態で、任意売却を開始するためには、住宅ローンの返済をストップしなければなりません。
つまり、住宅ローンを支払わないということになります。
これまで支払っていた費用を、引っ越し代金にあてることや、次の生活のために使う方が生活の負担がなくなることに気づくでしょう。

任意売却で生活が楽になる


任意売却で生活が楽になる

任意売却の値段が住宅ローンの残りよりも低い場合があります。
マイホームを売却することなく住み続けるには、資産価値が低いほうが固定資産税も低くなり、維持する負担が少なくなって楽だと考えている人もいるのではないでしょうか。
しかし、ギリギリの生活を完済するまで続けなければなりません。
負担の大きい生活をしながら、苦しい住宅ローンの返済をし続けるのではなく、思い切って任意売却を決断すると、収入に対してどれだけ不釣り合いな返済を続け、どれだけ住宅ローンに生活が振り回されてきたのかに気づくはずです。
苦しいローン返済が、任意売却することで楽になります。
一度、検討してみてはいかがでしょうか。
しかし、競売を回避するためにはできるだけ早い段階で任意売却に取り組まなければなりません。
住宅ローンの返済中は、すぐに任意売却を開始することができないため、注意してください。
任意売却の専門業者に相談すると、悩みが解決するでしょう。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ