トップ >任意売却についてのコラム >任意売却における売主の立場とは
任意売却における売主の立場とは

任意売却における売主は立場が弱い?


任意売却における売主は立場が弱い?

任意売却には、売主、買主、任意売却業者、債権者など様々な人が関わってきますが、その中でも売主は、弱い立場であるというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
住宅ローンが返済できなくなったなどで、任意売却をしなければならなくなると、売主側の立場は弱いと感じてしまうものです。
買主に対して任意売却物件で申し訳ない、本当に買い取ってくれるのだろうかなど謙虚な気持ちが後ろ向きになる人も少なくありません。
しかし、任意売却の売主は弱い立場ではありません。
買主がいなければ任意売却が成立しませんが、買主はその物件を気に入って購入を決断するのです。
物件を購入してくれることに対して、感謝する気持ちを持つことは大切ですが、任意売却だからといった理由で買主に迷惑をかける心配は全く必要ありません。
任意売却を検討している人は、売主の立場をしっかりと理解して任意売却が成立するように、進めていきましょう。

買主と売主の立場は同等


買主と売主の立場は同等

任意売却における売主の立場を理解するに当たって、通常の不動産取引との違いについて知っておく必要があります。
大きな違いは、不動産を売却する際の価格以上の借金があることです。
不動産の売却価格以上の借金があり、オーバーローンの不動産を売買する時に任意売却になります。
また、売却価格を自分で決めることができないのも違いの一つです。
債権者が任意売却を同意しなければ、手続きを進めることができません。
契約をしている状態であれば、債権者が応じないという理由で売買契約を解除して、手付金も買主に返還することになります。
契約時に手付金を支払う場合は、仲介業者が預かります。
それは、債権者が応じない理由で契約が解除された時、売主が手付金を使ってしまい、返還することができなくなるのを防ぐためです。
これは売主、買主を保護するための条件であり、トラブルに発展しないように調整します。
さらにローン特約なる条件をつけて契約することが可能です。
これは、買主が金融機関から融資を断られたときに、契約を解除できるものです。
売主、買主どちらもお金の都合で契約を解除することができるため、同等の立場だと言えます。
任意売却は売りたい人と買いたい人が合意に達して成立するため、どちらが優位ということではありません。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ