トップ >任意売却についてのコラム >任意売却後の生活の変化について
任意売却後の生活の変化について

マイホームから賃貸物件に代わる変化


マイホームから賃貸物件に代わる変化

マイホームを任意売却で手放さなければならないことがあります。
その理由は、住宅ローンの支払いができなくなったなど様々ですが、任意売却が決断できないという人も多いのではないでしょうか。
任意売却をした後の生活の変化が気になる人も多いはずです。
一般的には、任意売却後に引っ越す賃貸住宅の方が、これまで住んでいたマイホームよりも狭くなってしまいます。
しかし、中には任意売却後の方が広い賃貸住宅に住んでいる人もいるようです。
一戸建て住宅のマイホームの生活から、賃貸物件に代わることの変化に抵抗を感じるかもしれませんが、大きな負担となっていた毎月の住宅ローン返済や、毎年の固定資産税の納付について心配する必要がなくなります。
さらに、マイホームの修理費の問題についても悩むことがなくなるでしょう。
どの建物も長く住んでいると、外壁や屋根、設備など様々な箇所に修理が必要になってきます。
賃貸物件であれば、修理費は大家が負担をするため、修理費の心配をする必要がありません。

任意売却で落ち着いた生活を手に入れよう


任意売却で落ち着いた生活を手に入れよう

任意売却後の生活は、マイナスに感じる変化もあれば、楽になることもあるのです。
任意売却でマイホームを手放し、望んでいない賃貸物件に住むことになっても、住み慣れてしまえば、居心地が良くなるでしょう。
マイホームの住宅ローンが残っていると、収入が減った時や支出が増えた時に、家計が苦しくなります。
しかし、毎月の住宅ローンの返済額を減らすことはできません。
一時的であれば、リスケジュールによって対応してもらうこともできますが、賃貸物件は住宅ローンの返済のように、生活が苦しくなっても簡単に住み替えができないという状況ではありません。
収入や支出に見合った賃貸物件に変えることも検討できるはずです。
つまり、住宅ローンの返済額を減らすことは困難ですが、それと比較すると家賃を減らすことはそれほど難しいことではないのです。
支出のコントロールができれば、心にも余裕が生まれます。
マイホームを手放す決断は簡単にできませんが、無理をして不安な状態を続けるよりも任意売却をして落ち着いた生活を手に入れてみてはいかがでしょうか。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ