トップ >任意売却についてのコラム >任意売却の適正な売却価格を知っておこう
任意売却の適正な売却価格を知っておこう

適正な売却価格


適正な売却価格

任意売却を検討している人は、適正な売却価格を知っておく必要があります。
知らなければ、適正ではない売却価格で任意売却をしてしまう可能性があるでしょう。
任意売却ではなくても、不動産売買には適正価格が売却の要となります。
適正な売却価格で売りに出さなければ何度も対応を行うことになり、成約までに時間がかかることも少なくありません。
任意売却は期限までに契約を成立させなければ、債権者によって競売にかけられる可能性があります。
競売にかけられる前にスムーズに任意売却を行うためにも、適正な売却価格で売りに出すことが大切なのです。
一般的には、任意売却の方が競売よりも高い売却価格です。
しかし、通常の住宅を売却するような価格ではありません。
一般的な住宅売買の価格より、少し安くなります。
また、任意売却後に住宅の欠陥が見つかったとき、一定期間であれば保証する瑕疵担保責任も付かないことが多いです。
任意売却を行う人は、責任を負えるほどの支払い能力がありません。
そのため、売却価格も安くなってしまうのです。

売却価格の決定について


売却価格の決定について

任意売却における売却価格の決定は、勝手に業者が行うわけではありません。
法律では、当事者の合意で売却価格を決定します。
さらに、不動産取引の安全と紛争を防ぐために書面化を図り、交付することが義務化されているため、安心して任意売却ができるでしょう。
通常は不動産を売りに出す側と任意売却業者が、査定評価を基準に売却価格を話し合いますが、最終決定は売り出す側です。
売却価格を決定する前に注意しなければならないことは、担保権の解除です。
担保権者の応諾が必要となりますが、債権回収額の目標があるため、低い売却価格では応じてもらえない可能性があります。
そのため、適正な売却価格の見極めが重要なポイントです。
売却価格は、様々な条件や査定評価、市場価格、担保権者応諾権などを考慮して決定しなければなりません。
自分自身では適正な価格で売却することができないため、任意売却業者と相談し合いながら競売の申し立てをされる前に、解決しましょう。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ