トップ >任意売却についてのコラム >任意売却するとマンションの滞納管理費はどうなるのか
任意売却するとマンションの滞納管理費はどうなるのか

管理費を滞納していると


管理費を滞納していると

マンションのローンは返済していても、管理費を滞納しているという人もいるのではないでしょうか。 ローンの支払いが滞ったとき、金融機関から督促がきますが、管理費は管理組合が管理しているので、督促状が届かない場合もあります。 そのため、管理費を滞納していることに気がつかない人も少なくないのです。 このような状況が長く続くと、競売にかけられる可能性があります。 それは、滞納管理費がマンション経営に悪影響を与えるからです。 実際に、管理組合が競売の申し立てを行うケースが増えてきています。 管理費を支払い続けることが可能であれば問題ありませんが、支払いができない場合は競売にかけられるでしょう。 滞納管理費によって競売にかけられる可能性がある人は、任意売却で解決しましょう。

早い段階で任意売却をしよう


早い段階で任意売却をしよう

一般的にマンションの管理費は、共有部分の維持管理や、管理会社の費用、大規模修繕費用としてあてられます。
マンションの住人がみんなで使う部分を、入居者全員で費用を負担しているということです。
滞納管理費がある人がいると、設備の維持管理や修繕に支障をきたし、マンションに住む人全員に迷惑がかかるため、管理組合も競売を申し立てなければなりません。
滞納管理費があるからといって、すぐに競売にかけられるわけではありませんが、何度も請求を無視したり、長期的に滞納をしたりすると、悪質な滞納者として差し押さえや競売で滞納分を回収します。
滞納している管理費を支払いに見通しが立たない場合は、任意売却を検討しましょう。
任意売却による売却価格から滞納管理費への充当が認められることがあります。
しかし、管理費や修繕積立金の元本のみで、遅延損害金への充当や、駐車場、町会費などの滞納額分は認めないというケースも少なくありません。
この滞納管理費は任意売却後も自分で支払う必要があります。
高額滞納の状態で、一般的な住宅売却を行っても買い手が見つかりにくいです。
それは、滞納管理費の支払いが買い手に引き継がれるからです。
滞納額が高額になる前に、できるだけ早い段階で任意売却をすることが大切です。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ