トップ >任意売却についてのコラム >離婚時の連帯債務を任意売却で解消する方法とは
離婚時の連帯債務を任意売却で解消する方法とは

離婚時に困る共同名義で購入した住宅


離婚時に困る共同名義で購入した住宅

一戸建て住宅やマンションを購入する際、共同名義にして夫婦で住宅ローンを借りることも少なくありません。
特に、夫婦が共働きの場合は共同名義にして連帯債務にするケースが多いです。
連帯債務のメリットは、夫婦の収入を合算して審査を受けることができるため、融資が多くなりグレードが高い家を買うことができるようになることです。
住宅ローンを完済していれば問題ありませんが、完済する前に離婚をするとなると面倒なことが増えます。
離婚後に夫婦どちらかが家を出ると、その人は連帯債務から外れるイメージがありますが、住宅ローンが残っていれば難しいです。
融資をする側は、夫婦二人の収入を合わせて返済することを前提にしているため、離婚したからといって、簡単には連帯債務を外してはくれません。
しかし、離婚後に住まない家のローンを返済し続けたくないものです。
さらに、どちらかが滞納すると請求はもう一人に催促されます。
離婚後の連帯債務を解消する方法を知っておきましょう。

任意売却で連帯債務を解消


任意売却で連帯債務を解消

離婚後の連帯債務を解消する方法の一つに、任意売却があります。
債権者が任意売却を許可すると、残っている住宅ローンも清算でき、連帯債務からも外れるのです。
任意売却をするにあたっての費用もかかりません。
条件が良ければ売却価格が高額になり、引越し費用にあてることもできるでしょう。
これまで住んでいた家を手放したくないという人もいるかもしれませんが、離婚後の生活を考えて任意売却をして清算するのも一つの選択肢です。
共同名義から単独名義に換えることができないケースも少なくありません。
そのような場合は、任意売却をした方がお互いにとっても、良い結果になるはずです。
このように、任意売却には様々なメリットがあります。
連帯債務の物件は離婚後、どちらかの所有物として残していくことは、面倒で煩雑なことが多いです。
トラブルを招くきっかけともなるため、共同名義で購入した家は任意売却で解決してみてはいかがでしょうか。
離婚してから連絡が取れなくなることもあるため、できるだけ早い段階で決めてください。
任意売却は専門業者に相談することをお勧めします。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ