トップ >任意売却についてのコラム >大阪で任意売却後も住み続けられる方法とは
大阪で任意売却後も住み続けられる方法とは

任意売却とは


任意売却とは

大阪で不動産のローン返済に困っており、自己破産しなくてはならないのではないかと考えている人におすすめなのが任意売却です。
任意売却とは、ローンの融資先の許可を得て、物件の売却価格と、ローンの残債の返済計画を相談した上でおこなう売却のことで、これをおこなうことで無理のない返済計画でローンを返済することが可能となります。
任意売却の際には、仲介人として弁護士や司法書士が間に立ったり、物件が実際にどの程度の額で売却可能化を査定したり、実際の売却の仲介として不動産会社と関わったりすることになりますので、それらの依頼先は信頼の置けるところを選ぶことが重要となります。
融資先と相談が終わり、内容が決定したら実際に売却を行っていき、引っ越しが完了した時点から、事前に決めた返済計画に則って、ローンを返済していくことになります。
売却によって得たお金を返済に回すことでローン残債は減りますし、融資先との相談で生活に支障が出ないような返済計画を立てることができますので、自己破産しなくても生活をすることが可能となりますので、諦めてしまう前に一度検討してみてはいかがでしょうか。

売却後も物件に住み続けられる


売却後も物件に住み続けられる

大阪でローン返済に困っているという人には任意売却がおすすめなのですが、売却と聞くともうその家に住み続けられないと考えてしまう人がほとんどでしょう。
しかし、方法によってはそのまま物件に住み続けることが可能な場合もあります。
方法の一つとして、買い手側と相談して賃貸として住み続けるというものがあります。
相手側が居住目的の場合不可能ですが、実際にそうやって住み続けている人はたくさんいます。
また、親子や親族間で売買をして、買い戻しという形にすることで、売却後も住み続けることが可能です。
よくあるケースが、親族に売却して、費用を返済しながら住み続けるというものです。
もちろん、親族内にこれに応じてくれる人がいなければこの方法は使えませんので、心当たりがあれば相談してみると良いでしょう。
これらの方法を使えば、売却後も物件に住み続けることが可能となります。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ