トップ >任意売却についてのコラム >任意売却の残債に時効は存在するの?
任意売却の残債に時効は存在するの?

住宅ローン残債の時効による消滅は現実的なのか


住宅ローン残債の時効による消滅は現実的なのか

神戸で住宅ローンの返済でお困りの方におすすめの方法が任意売却です。
任意売却とは、融資先からの許可を得て、不動産の売却額とローン残債の返済計画を相談した上で不動産を売却するというものですが、任意売却を行ってもローンを完済できるとは限りません。
残債が多く、物件の売却額だけではローンが返せない場合は、返済計画に基づいて返済する必要があります。
任意売却後の住宅ローン残債には時効があり、請求から逃げることで消滅することになりますが、これに期待して返済から逃げ、ローンを返済しなくて良くなることを考えるのは、現実的ではありません。
なぜなら、住宅ローンの時効期間は、民間の銀行の住宅ローンで5年、住宅金融支援機構の住宅ローンで10年となっていますが、これの時効が成立するまで、債権者が何も対策をしないというわけはないからです
時効による消滅は非現実的と言わざるを得ません。

時効の中断について


時効の中断について

任意売却後の住宅ローンの時効には、時効の中断というルールがあります。
中断事由に該当するなにかがあると、時効期間がリセットされ、その段階から新たに始まることになります。
例えば4年間、返済から逃げることができたとしても、中断事由によって時効が中断された場合、新たに5年間もしくは10年間の時効が発生することになります。
中断事由のひとつに、債務の承認というものがあります。
時効の中断に多いケースとして、連絡が取れない債務者に対して数回の督促を経た後、法的措置の予告を行い、訴訟などの手段に出るというものがあります。
訴訟があった段階で時効の中断となりますので、時効期間がリセットされることになります。
ほとんどの場合、時効が近づくとこういった方法を用いて、時効の中断となりますので、時効まで逃げ切るというのは不可能と言っていいでしょう。
したがって、任意売却後にローンが残り、返済が難しいという方は、逃げるのではなく、支払の金額や期間などについて債権者と相談して考慮してもらうなど、正当な方法で対応するのが望ましいでしょう。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ