トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】連帯保証人に迷惑をかけない方法とは
【大阪の任意売却】連帯保証人に迷惑をかけない方法とは

連帯保証人のある住宅ローン


連帯保証人のある住宅ローン

住宅ローンを利用してマイホームを購入する際、契約者が単独で住宅ローンを組むと連帯保証人や保証会社は不要です。
しかし、夫婦で住宅ローンを組む場合や、子供に住宅ローンを受け継ぐことを想定して親子リレーで住宅ローンを組むと連帯債務者となります。
一般的に、夫婦の収入を合算し銀行の住宅ローンを利用すると連帯保証人とするケースが多いです。
このように連帯保証人のある住宅ローンを組んでマイホームを購入し、住宅ローンの返済が困難になったときは競売や任意売却をすることになるでしょう。
連帯保証人には迷惑をかけたくないものですが、連帯保証人にも契約者と同様の返済義務があります。
そのため、連帯保証人も一緒に任意売却の手続きをしなければなりません。
その際に、連帯保証人の同意が必要です。
よく話し合って任意売却をしましょう。

連帯保証人に迷惑をかけずに任意売却をしよう


連帯保証人に迷惑をかけずに任意売却をしよう

債権者は契約者、連帯保証人どちらから返済を受けても問題がありません。
しかし、契約した債務者が住宅ローンを返済ができなくなると、代わりに連帯保証人が返済しなければならないため、迷惑をかけてしまいます。
任意売却をせずにいると競売にかけられ、その後も連帯保証人が残債を負担しなければなりません。
連帯保証人が一般的なサラリーマンなどの場合は給与の差し押さえなど強制執行を申し立てられるケースがあり、迷惑がかかります。
できるだけ連帯保証人に迷惑をかけないためには、任意売却の方法を慎重に決めていく必要があります。
契約者単独の住宅ローンよりも連帯保証人のいる住宅ローンの方は借り入れ金額が高いケースが多いです。
そのため、債権者も簡単に任意売却を認めるわけではありません。
連帯保証人のある住宅ローンを組んだマイホームの任意売却を検討している人は、慎重に業者を選びましょう。
任意売却に特化した業者などはノウハウや経験が豊富であるため、債権者と話し合いを行なって連帯保証人に迷惑がかからない方法を検討していきます。
業者選びは任意売却の結果に大きく影響します。
連帯保証人への迷惑を最小限にするためにも、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ