トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】買取専門不動産会社とは
【大阪の任意売却】買取専門不動産会社とは

買取専門不動産会社は買い取りできない


買取専門不動産会社は買い取りできない

任意売却は任意売却に特化した業者などと契約を結んで手続きを進めていくのが一般的です。
中には買取専門不動産会社に直接、買い取ってもらいたいと希望する人もいます。
しかし、原則として買取専門不動産会社による直接的な買い取りは行なっていません。
買取専門不動産会社が買い取ることができない理由の一つは、債権者の同意が得られないことが多いからです。
買取専門不動産会社が買い取る際は市場価格の60〜
65%が一般的ですが、任意売却は、債権者が同意した金額でなければ販売することができません。
市場価格の60〜65%の金額で買い取るとなると競売とは変わらない金額となり、高い金額で販売を希望する債権者の同意が得られないことが多いです。

債権者の同意が得られないことが多い


債権者の同意が得られないことが多い

買取専門不動産会社が任意売却の対象となる不動産を買い取っても利益を出すことが難しいという理由もあります。
任意売却をする際は、できるだけ高く売りたいと考える人が多いのではないでしょうか。
売買を行うときに仲介業者が少ないほど売り手は高く得ることができ、買い手は安く買うことができます。
買取専門不動産会社が買い取るとなると、利益分として仲介手数料以上の金額を上乗せし、その分売り手の売却額は低くなり、買い手の購入額は高くなります。
通常、買取専門不動産会社が買い取った不動産はリフォームをして付加価値をつけた状態で販売しますが、場合によっては値引きをし、利益を出せないこともあるのです。
リフォーム費用もかかるため、買取専門不動産会社は高く買い取ることができません。
仲介手数料と同様の利益しか出ないのであれば、直接買い取るよりも仲介する方がメリットはあります。
買取保証として仲介業者が販売活動を行い、売れなかったときは買い取るという買取専門不動産会社もありますが、任意売却は不可能です。
その理由は、買取保証による買い取り額は市場価格よりも低くなるからです。
市場価格よりも低いと債権者は同意しません。
このように任意売却で買取専門不動産会社が買い取ることができない理由があります。
理解した上で手続きを進めていきましょう。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ