トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】住宅金融支援機構から任意売却のパンフレットが届いた場合の対応
【大阪の任意売却】住宅金融支援機構から任意売却のパンフレットが届いた場合の対応

任意売却のパンフレットが届いた意味


任意売却のパンフレットが届いた意味

住宅金融支援機構から任意売却のパンフレットが届いたということは、住宅ローンの滞納が3カ月ほどになっていると認識して問題ありません。
滞納機関が2カ月となると、ハガキや電話で支払いの催促が始まります。
住宅金融支援機構から任意売却のパンフレットが届いたときは、放置してしまうと取り返しのつかない事態になってしまうかもしれません。
いくら返済をしたいといっても取り合ってもらえなくなってしまうためです。
住宅金融支援機構は保証会社と連携しておらず、自ら競売の申し立てをして債権の回収を行います。
債権者は競売となった場合に相場の3割~7割程度の価格で落札されてしまうため、市場の相場に近い価格での売却に期待ができる任意売却の手続きを進めていきます。
任意売却の手続きを促しているサインであるのが住宅金融支援機構から任意売却のパンフレットが届くという意味です。
債権者が差し押さえをし、裁判所へ競売の申し立てを行うと選択の余地はなくなります。
大阪で住宅ローンを滞納している方はまず任意売却に関する申出書を提出しましょう。
任意売却専門業者に依頼すれば時間の無駄がなくなり、スムーズな対応ができます。

任意売却の業者選びを債務者が行うべき理由


任意売却の業者選びを債務者が行うべき理由

任意売却の業者選びは債務者が行うべき理由は、住宅金融支援機構の紹介の業者の場合は債権者に有利な取引となることがあるためです。
住宅金融支援機構は債権者であるからこそ、債務者が任意売却専門業者を選択し、安心して取引ができるようにすべきです。
任意売却することを決心したのなら、速やかに任意売却専門業者を探して少しでも優位に立って成功させていくのが肝心となります。
住宅金融支援機構から任意売却のパンフレットが届いてから債権者が差し押さえをするまでにはそう時間はかかりません。
競売手続きに入ってしまうと任意売却を受け付けてもらえなくなる可能性が高まることを覚えておいた方がよいでしょう。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ