トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】任意売却の相談時に聞くこと
【大阪の任意売却】任意売却の相談時に聞くこと

任意売却の相談先は主に3つ


任意売却の相談先は主に3つ

これから大阪で住宅ローンの滞納が理由で任意売却を視野に入れている方は不動産仲介業者、弁護士、任意売却専門不動産会社のなかから相談先を決めることになります。
不動産仲介業者は任意売却に関して十分といえるだけの知識を持ち合わせておらず、弁護士も売買のノウハウをもっているわけではありません。
そのため、任意売却を専門的に行っている不動産会社である任意売却専門不動産会社に相談するのが望ましいです。
今後の生活のことを考慮し、手元にお金が残るように債権者と交渉し、有利な状況をつくっていけるのがセールスポイントとなります。
任意売却専門不動産会社に相談する場合、まず自社で販売機能を有し、一貫した体制が整っているかを聞くべきです。
社内で情報が共有されることで、債務者と飼い主のマッチングがうまくいく可能性が高まるためです。
また、専門の販売員がいるかも債権者の要望に沿った契約とするために重要となります。

相談時に尋ねられることとは


相談時に尋ねられることとは

債務、物件、依頼人の状況はどこに相談をしたとしても必ず尋ねられます。
特に依頼人の状況は共有者全員の連絡や売買承諾が取れるかといったほかの方も絡むため、状況を的確に説明できるようにしておいた方がよいでしょう。
相談時に聞くべきは管理費や修繕積立金の滞納、抵当権が設定されていない住宅ローン以外の債務、差し押さえについてなどです。
今後の支払いの優先順位を整理して考えるためには状況を把握しないといけません。
すでに不動産が差し押さえされている場合は競売開始決定通知が届けられているため、時間的な猶予も少ないです。
住民税や国民健康保険などの税金も役所が不動産の差し押さえや参加差押さえができるため、注意しないといけません。
任意売却を失敗しないためには状況把握が絶対条件となります。
差し押さえをされる前に任意売却専門不動産会社に相談をして適切な対応を行っていきましょう。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ