トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】債権者が任意売却を持ちかけてきたときには
【大阪の任意売却】債権者が任意売却を持ちかけてきたときには

債権者から任意売却を提案されることがある


債権者から任意売却を提案されることがある


任意売却を検討するのは、住宅を購入した本人だけではありません。
場合によっては、債権者が任意売却を持ちかけてくることもあります。
大阪で任意売却を行う可能性のある人は、債権者が任意売却を持ちかけてきたときの対処について知っておくことが大切です。
一般的に、住宅ローンの返済が困難になり、滞納が続くと債権者は担保となっている住宅を競売にかけようとします。
しかし、競売で住宅を売却するよりも任意売却の方が高く売れることが多いため、債権者が任意売却の話を持ちかけてくることがあるのです。
任意売却によって住宅ローンを完済できたり、残高が少なくなるなどのメリットがあります。
債権者である銀行も回収できるお金が増えた方がメリットがあるため、競売ではなく任意売却をおすすめすることも少なくありません。

債権者から持ちかけられた任意売却の注意点


債権者から持ちかけられた任意売却の注意点

様々なメリットのある任意売却ですが、債権者から話を持ちかけられたときに注意しなければならないことがあります。
例えば、シナリオが既に作られていることです。
あらかじめ任意売却を依頼する業者を決めておき、すぐに住宅が売れるような状態を作るなどです。
早く売却できるのは運が良いなどと言いながら、債権者は公正証書の作成を要求してくる可能性があります。
この公正証書は、簡単に差し押さえや給料の差し押さえができるといった特徴があり、新たな担保を取られるようなものです。
公正証書があることで、住宅ローンの残高の返済が困難になってもお金を返してもらえるようにしています。
このように、公正証書は不利なものになる可能性が高いため、債権者から公正証書の作成を条件に任意売却を勧めてきた場合は注意してください。
債権者の言われるがままに任意売却を行うのではなく、一度、考え直しましょう。
大阪で任意売却を検討している人は、大阪の任意売却の専門業者に相談してみてはいかがでしょうか。
任意売却でも、債権者が作ったシナリオとは異なる方法で任意売却が成功する可能性があります。
債権者ではなく自分が主導になって任意売却を進めたほうが良い結果になるかもしれません。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ