トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】任意売却を相談するときに準備するものとは
【大阪の任意売却】任意売却を相談するときに準備するものとは

業者に相談する前に


業者に相談する前に


大阪で任意売却を検討している人は、大阪にある任意売却の業者に相談をするのが一般的です。
競売にかけられる前に任意売却を決断する人もいれば、競売通知が届いてから任意売却を希望する人など様々です。
住宅ローンの支払いが困難になり、競売にかけられる前に任意売却の相談をする人は冷静に今後についてを考えることができるでしょう。
しかし、突然、金融機関から督促が届いたり、裁判所から競売の通知がくると慌ててしまい、冷静に状況の把握ができなくなります。
そのような状態で、業者に任意売却の相談をしても業者からの質問に正確に答えることができません。
中には、本人ではない人が状況を把握していないまま相談をしにくることもあります。
任意売却を成功させるためには、冷静に状況を把握した上で相談を行い、手続きを進めていくことが大切です。
業者から的確なアドバイスを受けるためにも、相談する前に準備することについて知っておきましょう。

準備する前に状況を把握しておこう


準備する前に状況を把握しておこう

相談する前に準備することの一つは、現状把握です。
任意売却を検討している不動産の所有者名義、住宅ローンの借入先の金融機関、住宅ローンの借入状況、不動産の購入時期と価格など様々な項目を把握しておくと、相談がスムーズに進みます。
住宅ローンの滞納期間など具体的に把握しておくことが大切です。
次に準備しておくことは、書類の確認です。
住宅ローンの返済予定表、金融機関や裁判所から届いた督促や競売通知、管理費の督促、税金の勧告書や差し押さえ通知書など破棄せずに残しておきましょう。
また、不動産の購入時の資料や売却査定をしていた場合はその書類も必要です。
書類に記載されている土地や建物の面積も把握しておくといいでしょう。
業者に聞きたいこともまとめておくことも大切な準備です。
これら全てを完璧に準備する必要はありませんが、わかる範囲で把握しておく必要があります。
しっかり準備ができていれば、任意売却の開始までスムーズに進みます。
それだけでなく、家族とも今後についてを話し合っておくことをおすすめします。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ