トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】任意売却と自己破産の違いとは
【大阪の任意売却】任意売却と自己破産の違いとは

自己破産と任意売却


自己破産と任意売却


住宅ローンの返済ができなくなったという人も大阪にはいるのではないでしょうか。
住宅ローンだけでなく、他にも借り入れをしている人もいるはずです。
借り入れを返すことができなくなった時には、自己破産を考える人もいるでしょう。
特に、住宅ローンは数千万円と借り入れ額が大きいため、自己破産以外の方法で解決することができないと考える人も少なくありません。
実際に、自己破産しか方法がないと専門家に言われることもあります。
しかし、場合によっては自己破産以外の方法で解決することも可能です。
例えば、任意売却です。
売却価格から住宅ローンを返済することができるため、自己破産を回避することができます。
大阪にあるマイホームの住宅ローン返済に悩んでいる人は、自己破産の手続きをする前に任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。

違いを知って使い分けよう


違いを知って使い分けよう

自己破産になったから任意売却をしなければならないと思っている人や、任意売却をすることは、自己破産になるというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
任意売却と自己破産は違います。
違いを知った上で、手続きを進めて行くことが大切です。
違いの一つは、借り入れの返済についてです。
自己破産すると返済義務がなくなります。
任意売却は売却価格が住宅ローンの残高を下回れば、他の方法で返済していかなければなりません。
しかし、交渉次第で返済額を減らすことも可能であるため、負担は軽減されます。
また、任意売却と自己破産では、財産の処分についても違いがあります。
自己破産をすると20万円以上の財産は処分されるため、車なども手放さなければならなくなるでしょう。
任意売却はマイホームを売却するだけであるため、他の財産を手放す必要はありません。
引越し後も車などの財産を、そのまま使うことができるのです。
税金についても大きな違いがあります。
任意売却をしたお金を税金の滞納にあてることが可能です。
しかし、自己破産をしても税金の納付義務は続くため、生活が楽になるというわけではありません。
どちらの方法が正しいということではありませんが、違いを知って最適な方法を選ぶことが大切です。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ