トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】任意売却における金融機関の対応について
【大阪の任意売却】任意売却における金融機関の対応について

住宅ローンの返済が困難になると


住宅ローンの返済が困難になると


金融機関の対応によって任意売却ができるかどうかが変わります。
住宅ローンの借り入れをしている金融機関の種類、支店、担当者、年度などによって対応が異なるため、大阪で任意売却を検討している人は注意しなければなりません。
それだけでなく、債務者の姿勢によっても対応に差が出てきます。
これまで金融機関の対応が丁寧であっても、住宅ローンが返済できなくなったことを伝えた途端、態度が変わったということも少なくありません。
任意売却を検討していることを伝えた時から、対応が豹変することもあるのです。
任意売却の前に直近の住宅ローンの返済を求められた人もいます。
任意売却を検討している人は、住宅ローンの返済ができないから検討しているわけですが、その事情さえも理解してもらえず、冷淡な対応を目の当たりにするかもしれません。

金融機関の対応が急に変わる


金融機関の対応が急に変わる

中には、任意売却をしてはいけないと言う金融機関もあるでしょう。
他に返済方法がない場合には、競売にかけられる可能性があります。
競売は市場価格よりも低い価格で落札される傾向があり、その後の生活に負担をきたすケースも少なくありません。
任意売却をして、なんとか競売を避けたいものです。
金融機関が認めない場合は、任意売却の専門業者に相談してみてはいかがでしょうか。
任意売却の専門業者はノウハウや今までの実績があります。
金融機関との間に入ってもらうことで、債務者の要望を聞いてくれる可能性が高くなるのです。
しかし、交渉力のない専門業者が介入しても意味がありません。
高い交渉力があり債務者の要望や状況をしっかりと理解した上で、金融機関に説明をしてくれる専門業者を選ぶことが任意売却を成功させるポイントになります。
金融機関の対応は基本的にマニュアル通りです。
住宅ローンの返済が難しくなれば、融資した分を取り戻そうと強く要請することも当たり前のことだと言えます。
急に担当者の対応が悪くなると驚きますが、その時にどのように説得をしていくのか考えていくことが大切です。
大阪の任意売却の専門業者は金融機関の対応が変わることも理解しているため、冷静に対処していくことができます。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ