トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】高齢者が住宅ローンの返済に困ったときには
【大阪の任意売却】高齢者が住宅ローンの返済に困ったときには

定年後に難しくなる支払い


定年後に難しくなる支払い


マイホームを購入する際に金融機関から借り入れをしますが、完済するのが定年後というケースも少なくありません。
仕事を退職すると、支払いに必要なお金はどこから用意するのでしょうか。
年金を返済に充てると問題がないと思っている人もいますが、生活費が足りなくなるものです。
また、退職金も不景気の影響を得て、期待通りの金額を受け取れるとは限りません。
定年退職と当時に返済が終わる予定を立てていたのに、早期退職をしなければならなくなった人もいるでしょう。
高齢者は病気にかかるリスクもあります。
保険で医療費は安くなりますが、入院が必要になると生活費を圧迫したり、保険外治療をしなければならないほどの大病を患う可能性も考えられるため、これまでの貯蓄があっという間に底を尽くでしょう。
このように、多くの高齢者が支払いに苦しんでいるのが現状です。
住宅ローンの返済が難しいのであれば、任意売却で解決するのも一つの方法だと言えます。

安心して暮らせる方法もある



安心して暮らせる方法もある

住宅ローンを滞納していると、いずれ競りにかけられる恐れがあります。
競売が成立するとすぐに出ていかなければなりませんが、次の家が決まっていないのに強制退去を命じられて住む場所がなかったり、それに加えて、返しきれなかった多額の残債を抱え込まなければなりません。
中には、周囲に知れ渡って居づらくなり、夜逃げするように退去した人もいます。
精神的ダメージが大きいものです。
そこで、任意売却を行うと住宅ローンが残ったままでも市場価格に近い値段で手放すことができます。
競りよりも融通がききやすいため、残債をできるだけ少なくしたい、残っても負担がかからない程度で返していきたいという相談ができるでしょう。
さらに、引っ越し後に住む場所を確保したり、その引っ越しにかかる費用も相談ができます。
マイホームをどうしても手放したくないという人は、リースバックも検討してみてはいかがでしょうか。
この方法は、第三者に任意売却をすることには変わりありませんが、その購入者と賃貸契約を交わすもので、そのまま暮らせるのです。
高齢者の賃貸契約はなかなか難しいですが、この方法であれば安心して暮らせるでしょう。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

 

ページTOPへ