トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】任意売却ができる人の条件とは
【大阪の任意売却】任意売却ができる人の条件とは

クリアすべき要件とは


クリアすべき要件とは


住宅ローンの返済が難しくなり、任意売却でマイホームを手放そうと考えている人もいるのではないでしょうか。
競売よりも市場価格が高いというメリットがありますが、できる人とできない人がいます。
希望すれば必ずできるというわけではないため、条件を確認しておくことが大切です。
法的に決められているわけではなく、明確なルールはありません。
しかし、一般に言われている条件は住宅ローンの返済に困っている人が前提であるということです。
これがどういうことであるかというと、普通の方法では売ることができないものを特別に金融機関に認めてもらうということです。
通常は、金融機関が抵当権を持っているため、完済するまでは自由に売買できません。
特別に認めてもらうためには特別な理由が必要になり、それが住宅ローンが返せないということになります。
家を売りたいから抵当権を解除してください、と銀行に訴えても認めません。
それは、抵当権を解除する正当な理由がないからです。
そのため、返済ができないことに困っていなければならないのです。

クリアしていてもできない場合もある?




クリアしていてもできない場合もある?

支払いに困っているという条件をクリアしていても、任意売却ができないケースがあります。
例えば、期限切れです。
競売が開始され入札される前に完了していなければなりません。
そのため、入札間近で手続きを始めても間に合わない場合がほとんどです。
どんな不動産も1日で買い手をみつけるのはできないでしょう。
さらに、債権者と交渉したり様々な手続きをしていかなければならないため、最低でも1ヶ月はかかります。
早い段階で行動し始めると十分間に合います。
競売が開始される前に、決断して業者探しなど動き出してください。
中には、連帯保証人が同意しないケースがあります。
突然、任意売却をしたいと相談されても連帯保証人はすぐに納得しないでしょう。
考え始めたところで打ち明け、納得してもらえるように説明を重ねていかなければなりません。
その際に、業者の力を頼るのも一つの方法です。
専門業者が間に入ると手続きもスムーズに進む可能性が高くなります。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

 

ページTOPへ