トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】職場に知られずに任意売却はできるのか?
【大阪の任意売却】職場に知られずに任意売却はできるのか?

バレない方法


バレない方法


住宅ローンが支払えなくなり、マイホームを手放さなければならないという人もいるでしょう。
中には手放さなければならない状況だけど、職場に知れれるのが嫌で考えがまとまらないという人もいるはずです。
しかし、いつまでも住宅ローンを滞納し続けることはできません。
滞納を解決しないと、どんどん職場への影響も大きくなっていくため、出来るだけ早い段階で手を打っておくべきです。
放置し続けていると、いずれ競売が開始し、強制退去となります。
これは強制的に行われる民事執行の一つで、裁判所が全て決定するのです。
対処が遅いと引越しが間に合わなくなり、住む場所に困ることになりかねません。
さらに、競売物件情報として個人情報がネットなどに公開され、物件を探している人が自宅を見にきます。
そうなると勤務先だけでなく、近所にも知れ渡ってしまうのです。
これを避ける方法の一つに任意売却があります。
勤務先に知られず何とかしたい人は、競売が開始する前に決断してみてはいかがでしょうか。

リースバックをすると住所変更も不要



リースバックをすると住所変更も不要

任意売却そのものは職場での手続きは不要です。
そのため、会社に知られる手段がありません。
詳しく事情を説明しない限り、第三者からみると一般的な不動産売買のように見えます。
住居を変えるときは住所変更の届け出が必要になりますが、リースバックをすると、そのままお家に住み続けることが可能です。
業者とのやりとりが必要になりますが、勤務先に報告することは何もありません。
そのため、会社での評判が悪くなることや、信用を失ったり、変な噂が流れたり、などの心配もないのです。
しかし、この決断が遅ければ給与の差し押さえによって会社に迷惑をかけてしまう可能性があります。
住宅ローン以外に、クレジットカードなどの借金がある場合は要注意です。
支払督促を無視していると法的手段に持ち込まれて、勤務先の給与まで差し押さえ命令が下される危険性があります。
任意売却をして他の借金も解決してみてはいかがでしょうか。
転職する際や子供の就職にも影響を与えないため、安心して手続きができます。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

 

ページTOPへ