トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】正社員でなくても任意売却はできるのか?
【大阪の任意売却】正社員でなくても任意売却はできるのか?

職がなくても問題ない


職がなくても問題ない


長年勤めていた会社が倒産になり、住宅ローンを返金できずに滞納し続けている人もいるのではないでしょうか。
職がなければ収入がなく、返済する手段がありません。
この状況がしばらく続くと競売が開始されます。
強制退去となり、近隣に知られてしまい住み心地が悪くなるため、何とかしたいものです。
正社員でなければ解決できないというイメージを持っている人もいるでしょう。
愛着のあるマイホームを手放すことは避けたいですが、正社員でなければローンを返済するためのお金を借りることが難しくなります。
その場合は、任意売却を検討してみてください。
正社員ではなくても手続きをすることができ、競売を回避することが可能です。
任意売却の流れを知り、準備を始めてみてはいかがでしょうか。

後から清算が可能



後から清算が可能

任意売却にかかる費用は、滞納している固定資産税や住民税などの税金、抵当権抹消費、書類作成費です。
他には、業者に支払う仲介手数料やマンションであれば管理費や修繕積立金の滞納分が挙げられます。
任意売却価格から、これらの費用を引いた金額を住宅ローンの返済に充てることが可能です。
抵当権抹消費や手数料など、すぐに支払えないから任意売却ができない、というわけではなく、契約をして全ての取引が終わった後に清算することができるため、準備資金はほとんどゼロで問題ありません。
安定した職に就いていない、お金がないから手放すことができないと思っている人ほど、できるだけ早く踏み切る必要があります。
業者選びにも時間がかかるため、余裕を持って準備していくことが大切です。
競売よりも高値で取引される可能性が高く、うまくいけば引っ越し代をもらえる可能性があります。
これは債権者の善意で決められることになり、必ず引っ越し代まで負担してくれるというわけではありませんが、実績のある業者が交渉することで成功率が高くなるでしょう。
競売であれば引っ越し代はもらえません。
また、リースバックが成立すると、住まいを変えずに暮らせます。
これまで通りマイホームに住めるのは大きなメリットです。
一度相談してみてはいかがでしょうか。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

 

ページTOPへ