トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】任意売却専門業者と一般の不動産業者の違いについて
【大阪の任意売却】任意売却専門業者と一般の不動産業者の違いについて

違いを知ろう


違いを知ろう


マイホームのローンを滞納し続けると、競売が開始します。
競売を避けるために、任意売却を選ぶ人も少なくありません。
しかし、どこに相談をするべきか迷う人が多いのではないでしょうか。
近年、インターネットの普及により、手軽にネットで業者を探すことができるようになりましたが、違いがわからず判断ができないままの人もいるでしょう。
例えば、任意売却を専門とした会社と不動産会社です。
2つの違いを知った上で、決めていく必要があります。
大きな違いは、金融機関などの債務者と価格などについて協議したり、破産管財人と進行について補助ができたりするかです。
不動産は物件の売買をするものであり、単純に査定によって価格が決定し、売り出す活動を始めて契約となります。
一方、専門業者は債務者と協議をしてから価格を決定し、売り出す活動をして契約という流れです。
査定書や、その他の書類作成はもちろん、意見の相違などをまとめてスムーズに手続きを進めていきます。

安心できるのはどっち?



安心できるのはどっち?

不動産会社は任意売却の専門ではないため、知識や実績がなく不手際を感じる場合もあるでしょう。
不安を感じながら、なんとかしてくれるだろうと信頼していると競売にかかってしまったというケースも珍しいことではありません。
知識もなく業務の一つとして任意売却ができるとアピールしていることもあるため、要注意です。
中には、債権者から不動産を紹介される場合がありますが、都合の良いようにスケジュールが決められてしまうことが多いため、慎重に判断したほうが良いでしょう。
住宅ローンの滞納はすぐに解決しなければなりません。
タイミングが遅れたり、スムーズに手続きが進まなかったりすると、失敗する可能性も十分にあります。
早めに決断したのであれば、専門業者に相談をして的確に手続きをしていく方が安心です。
どんな状況でも必ず成功するというわけではありませんが、知識や実績のあるところに依頼した方が成功率は上がります。
また、早い段階で準備に取り掛かることができれば、その分高い金額で取引が成立することもあるのです。
まずは、信頼できるところに相談してみてはいかがでしょうか。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

 

ページTOPへ